• “私はプログレッシブ/エクスペリメンタルのロックアリーナで仕事をしているが、このアルバムには13個のトラックが収録されており、そ のすべてが見事に構成されていると思う。いたるところでフランク・ザッパ、キング・クリムゾン、イアン・カーを彷彿させる。” -「Iconophobic」アルバムのレビューPhil McMullen, “「Iconophobic」アルバムのレビュー“, Terrascope Online, Dec 2010
  • “この音楽には時々、Univers Zeroと同じようなダークさが現れる。独特の才能だ。” -「Iconophobic」アルバムのレビュー,Dolf Mulder, “「Iconophobic」アルバムのレビュー“, Vital Weekly, #767, Jan 2011
  • “多くの点で、この種の音楽はイランというよりフランスのパフォーマーから生まれるのが自然かもしれない。” -「Iconophobic」アルバムのレビュー, Gary Hill, “「Iconophobic」アルバムのレビュー“, Music Street Journal, Jan 2011
  • “サリムのアイコノフォビックな世界に踏み込むのなら足下にご注意。これは警告である。” -「Iconophobic」アルバムのレビュー, John O’Boyle, “「Iconophobic」アルバムのレビュー“, DPRP, Volume 67, 2010
  • “表面上のコミュニケーションではなく、アーティストの魂があなたを変える。” -「Iconophobic」アルバムのレビュー, Christy Claxton, “「Iconophobic」アルバムのレビュー“, Stave Magazine, Aug 2010
  • “「Iconophobic」はテヘラン市に住むサイーディからの力強い声である。” -「Iconophobic」アルバムのレビュー, Steven Reid, “[http://www.seaoftranquility.org/reviews.php?op=showcontent&id=9689 「Iconophobic」アルバムのレビュー", Sea of Tranquility, September 28th 2010
  • "サリムは珍しいスキルを持った優れたギタリストである。印象的に演奏する方法を知っている。"[ドイツ語] -「Iconophobic」アルバムのレビュー, Volkmar Mantei, “「Iconophobic」アルバムのレビュー“, Ragazzi Webzine, Oct 2010
  • “「Iconophobic」から発せられる奇妙な雰囲気。その秘密はすぐには明かされない。”[フランス語] -「Iconophobic」アルバムのレビュー, “「Iconophobic」アルバムのレビュー“, Music Waves, Dec 2010

“Prog-flavored work with an interesting mix of Middle East phrases” 中近東フレーズを織り交ぜたゆったり風味のプログレ作品で興味深い。 -Iconophobic Review, Too Much Music Stuff, Kazuhiko Shibuya, Jul 2011 (Read more)

を全編で駆使し、出自であるArab/Orinetal色と、近年のART ZOYD/PRESENT等の影響化にあるSymphonic色も漂わせたDarkかつHeavyなChamber色を融合した、ジャケットの印象そのままのWorld/Ethinic Electro Chamber Rockを展開。 – Iconophobic Review, DiskUnion’s Progressive Rock Online, Feb 2011 (Read more)